鯨椅子PROJECT 「秘密基地」

アクセスカウンタ

zoom RSS 【出演者紹介】鈴木英之

<<   作成日時 : 2013/07/22 21:59   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

鯨椅子PROJECT#2『それは、蜘蛛の網の如く』出演者紹介!!

●第9弾●

鈴木英之[スズキ・ヒデユキ]
 所属:劇団ひまわり
 今回の担当:役者/役名:白の男

画像


★本人コメント
「すーさん」と申します。
カレーライスとパンダが好きな38歳です。

劇団ひまわり大阪の劇団員。
歌って踊りたいデブ。
関西を中心に舞台役者を続けています。
また、劇団の子どもとレッスンで戯れたり、
キャンプで思い出を生み出したり、公演したりしています。

初舞台は小学校二年生の学芸会『ピーターパン』
榊原郁恵さんのように空を飛ぶことはなかったけど、
演じることの楽しさを味わった気がします。
初舞台と呼ぶか否かは置いておきます。

かと言って、演劇との繋がりはほとんどなく、
プロスポーツ選手や宇宙飛行士にあこがれた少年〜青年時代。
ただ、未だに月に立つ気ではいます。
月面でバンカーショットを打つのが夢です。

そして元小学教師。
何を思ったか安定した公務員の職を捨て、不安定この上ない役者の世界へ。

ひょんなことからだるまさんと知り合い、
今回のプロジェクトに参加することになりました。

奈良は超初心者の僕。
寺社仏閣はとっても好きで、奈良の歴史深い地名にテンションが上がります。
育った香川や住んでいた滋賀に、どことなく似た空気を醸し出す古都奈良。
程よい田舎。

初めて逢う人たちとの新鮮な稽古の日々。
すごく汗をかいているのに痩せない日々。
それだけ充実してるんだと思う。

空気と人が良い。

演劇は都会に限ることではない。
どんな場所でも演劇はできる、生まれる。
その場所だからこそ沸き立つ演劇がある。

當麻寺。

今回の会場は、そう言ったオリジナルな空気をまとった空間。

僕たちの演劇のエネルギーと、
それを目と耳と身体から流し込まれ、感じる観客みなさんのエネルギーと、
當麻寺特有の日本のエネルギーが混沌と混ざり合って、
時間と空間が歪むぐらいトランスできたら幸いです。

みなさんのご来場、楽しみにお待ちしています。



【劇団ひまわり大阪公演部web】http://blog.livedoor.jp/osakahimawari



★公演詳細&チケット予約→8/3-4 鯨椅子PROJECT#2『それは、蜘蛛の網の如く』@當麻 ギャラリーら・しい

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
【出演者紹介】鈴木英之 鯨椅子PROJECT 「秘密基地」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる